high land church
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

朝ライト(午前ライトジギング)

3月26日土曜日のライトジギングで7kgと4kgのヒラマサが
上がったと聞き、翌週の水曜日に船長に4月2日土曜日の午前ライト
ジギングに友人と二人で予約をしましたが、なんせ長潮なので近場は
潮が動かないことは覚悟のうえでしたが、波高1mとべた凪で
多分水深60mラインまで船を走らせると思い沖にでれば可能性は
あると思い出かけました。

朝ライトの出船は2隻 BIG1と天王丸で一日はポラリスでした。
私たちはBIG1に乗船しやはり船長が水深50mラインから60mラインを
探るとのことなのでスロースキツプ VB130をセットし

曇り空の鐘崎港を6時30分に出港


天気は降水確率30%で少し曇って湯川山の山頂が雲で隠れていました
一路沖に向かい40分ほどで50mラインにはいりました
この辺は天然漁礁が多く根掛り比較的少なくヒラマサは中層より上に
いるとのことでしたがまずは根魚狙いで底から5mくらいまでをスローで
誘いながらロングフォールで狙っていきましたが、やはり潮が動かず
なかなか誘いに乗ってくれないので小さめのVIB130gに交換
フックも軽くてアシストラインも細いものに変えやっとアコウが釣れ
ましたがやはり底潮もあまり動かず同乗した方々もかなり苦戦していました


このまま潮もほとんど動かずタイムアップ。

鐘崎港に戻ってくると午後のライトに予約した友人3人が
待ち受けていて、今日は潮が動かんと話しながら入れ替わりました
天気も少し晴れ間が見え、午後ライトは天王丸1隻の出港です。

しかし今日は帰り際から、少しずつ潮が動いていたので友人に
きっと釣れるよ手 と励まし出港していきましたが、やはり
ドラマが待っていました。ワンピッチでしゃくっていた友人に
8kgのヒラマサがヒット、彼は今の時期には近場に大物が
入ってくることを予想しPE4号80Lbで望んでいたので
楽々釣り上げ、この後スローで釣っていた友人に大物の
ヒラマサがヒット。なんせPE2号30Lbなのでまったく
手が出ずラインをいきなり30mほど引き出され。運がよかった
のは天然漁礁でヒラマサが浮いていたせいでしょうか
これだけのヒラマサであればPE2号のラインを背負われるとほとんど
サヨナラ〜〜〜の状態ですがなんとか止まってくれて船べりまで寄せて
くるとタモを準備していた船長がこれほど大きいとは思わずタモに、
はいらん泣きと叫んでいたそうです。
帰港後重量を計ると11.2Kgの大物で良く上がったものだと翌日、電話で
さんざん聞かされまいりました。
もうヒラマサの乗っ込みの時期にはいって近場まで寄ってきているようです。
ライトジギングと思ってライトタックルで望むと痛い目にあいそうです。
 
22:29 | - | -