high land church
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北九州の夜景大走査線Part15(門司港レトロの夕暮れと夜景) | main | 小倉祇園太鼓の夜 >>

沖ノ島でスロージギング

 

久々に沖ノ島までポセイドンで走りスロージギングをしてきました。

 

最近、青物は一休みしているので、船長も根魚狙いで

 

沖ノ島周りの天然漁礁をつついてまわりました。

 

筑前大島で9時干潮15時満潮の小潮です

 

いつもですが。沖ノ島方面の沖は大潮の時は意外と潮が動かず、

 

かえって小潮や若潮のほうがじわっと潮が動いて風と潮の流れが

 

合うと釣れますが、風があって潮の向きと逆になると難しい状況

 

になります。

 

 

まずは沖ノ島東側の70m〜60m近くを流しました。

 

 

DSC_5496.jpg

 

小屋島、天狗岩、御門柱が左手に良く見えます

 

 

DSC_5521.jpg

 

 

DSC_5556.jpg

 

ここではボチボチ釣れていましたが、友人にタカバの3kg程度が

 

スロージギングで釣れていて丁度、左舷の人もインチクで

 

アオナを釣っていました

 

DSC_5661.jpg

 

沖ノ島北東側の90mラインに移動するとタカバ、やアマダイが

 

インチク、タイラバで釣れだし

 

 

DSC_5701.jpg

 

 

次に冬場ではめったにいけない沖ノ島北側に移動するとスジアラが

 

続けてヒット。スジアラは結構、型もよく3.5kg程度はありました。

 

DSC_5770.jpg

 

 

DSC_5803.jpg

 

沖ノ島北側を移動し西側の天然漁礁に移動しましたが、潮があまり動かず

 

DSC_5820.jpg

 

 

最後に沖漁礁に移動するとやっとヒラマサが釣れていました。

 

このころには、船のクーラーは、おいしそうな根魚で満タンに

 

なっていて入れる隙間がないくらいになっていました。

 

魚種はタカバ、スジアラ、ボッコ、アラカブ、キンメ、

 

ヒレナガカンパチなどなど多彩でした。

 

沖ノ島の近くだったので14時半頃に沖上り。

 

疲れてポラリスの船室でぐっすり眠り、目が覚めると鐘崎港に

 

戻ってきていました、

 

DSC_5850.jpg

 

 

DSC_5865.jpg

 

 

DSC_5880.jpg

 

 

DSC_5894.jpg

 

 

私の釣果は御覧の通りスジアラ2本タカバ、ボッコ、イサキでした。

 

大きさが解りにくいので500mLのペットボトルと比較してください

 

DSC_5926.jpg

 

 

DSC_5938.jpg

 

使用したタックルは,ポセイドンスロージャーカー#3と#2ジグはdeep liner

 

VIB160gをメインで使いましたが、80〜90mラインでは#3をほとんど

 

使っていました。風が強く船が流されるときはスロージャーカー#4

 

で、180~200gオーバーのジグを使います。ラインは、PE1.2号と1.5号

 

リーダーは20Lb〜30LB(6号〜8号)、ラインシステムを揺れる

 

船上で作るのが苦手なので、いつもベイトリールを6個に

 

それぞれ号数を変えて持ち込んでいます。

 

私は、あまりジグの色にはこだわってなくホログラムのシルバーとホログラムシルバー

 

の蓄光タイプしか使っていません。ただ一番気を付けているのは、ジグの大きさと

 

重さで、なるべくベイトの大きさに近く形の似たジグを使い、ジグのフォールのしかた

 

をラインでコントロールしています。

 

スロージギングの場合、ほとんどフォールの時と、フォールが止まった瞬間に、

 

ヒットする場合がほとんどなので、フォールしているときのラインの動きに

 

注意しています。

 

今の時期は青物は厳しいので、インチクや鯛ラバ、スロージギングを用意していたほうが

 

無難ではないかと思います。

 

 

19:39 | - | -