high land church
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北九州の夜景大捜査線Part13(小倉城の夜桜) | main | ゴールデンウィークのジギング(わかしお丸ポラリスにて沖ノ島近海ヘ) >>

やっと乗れた!午前ライトジギング(BIG1)

 

4月22日やっと、ジギングに行けるようになり、早々に友人を

 

誘って午前のライトジギングに釣行、乗船する船はBIG1です。

 

 

 

DSC10.jpg

 

 

6時30分出港なので6時頃に現地到着

 

友人が船首で釣りたいと言っていたのですが

 

波津の海岸線にでると白波が少し立っていて

 

風もありこれは揺れると思い船尾に釣り座を確保

 

丁度ヒラマサの乗っ込み時期でもありけっこう釣れている

 

様子で、鐘崎の満潮が7時44分なので出港してすぐから

 

9時頃までがチャンス

 

BIG1は、地島沖、水深約30mのラインに到着

 

魚探の反応が、底から中層の上まで出ているそうで

 

釣り始めると早々に左舷で釣っていた方にヒット

 

DSC20.jpg

 

私はスロージギングで、ジグはスロースキップCX130g

 

ラインはPE1.5号リーダーは20Lbの細仕掛け、元々根魚専門なので

 

ヒラマサがくると結構厳しいのですが、とりあえず根魚確保と思い

 

一番細い仕掛けで釣っていたのですが、ジグが着底してゆっくりジグを

 

上げて誘いフォールで喰ってくるのですが、フォールしたあと

 

ジグがふわっと浮きあがった瞬間ラインがたるみ、慌てて合わせると

 

いきなり、強引なアタリ、やばいと思いながら無理をしないよう

 

普段からリールのドラッグは弱めに設定してありドラッチェッカーで

 

2Kg程度に調整し、釣れると親指でラインを抑えて親指ドラッグで対応

 

PEにいきなりテンションがかからないようにして、なんとか突っ込みを

 

かわしながら釣り上げると、えらく重いと思っていたらやはり口と

 

どてっ腹にジグが掛かっていて横向きになって3Kg程度のヒラマサ

 

が、上がってきました。

 

 

DSC30.jpg

 

船長に聞くと前日は、鳥が結構舞っていたとのことですが、当日は

 

2羽しか姿を見せませんでした。

 

しかし、この場所で結構釣れ続きやはり9時半頃を過ぎるとアタリも

 

あまりなくなってきました。

 

DSC40.jpg

 

当日はやはり、風が少しあり波もあって結構、船も揺れていました。

 

DSC50.jpg

 

丁度、沖に向かって他の釣船が突っ走っていましたがこのような状況です

 

DSC60.jpg

 

地島の全景です。天気は良かったのですが

 

 

DSC70.jpg

 

 

DSC80.jpg

 

11時頃に鐘崎港に到着するので、沖上がりは10時半頃になります。

 

8名で乗船し、数は数えていませんが3〜6Kgのヒラマサが

 

7本〜8本上がっていました。

 

DSC90.jpg

 

帰りに波津の海岸でちょっと休憩

 

DSC100.jpg

 

波津の海岸は、白波が押し寄せていました。

 

DSC110.jpg

 

今夜は、ヒラマサのハラミの塩焼きとカルパッチョです。

 

DSC120.jpg

 

 

DSC130.jpg

 

 

刺身も美味しいのですが、カルパッチョもなかなかいけます。

 

 

14:22 | - | -