high land church
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北九州の夜景大捜査線Part后覆きのうみ花火の祭典) | main | 真夏の朝ライトジギング(ブルーウォーター&ブルースカイ) >>

イカメタルゲーム(わかしお丸の若潮丸)

 

8月6日の夜、イカメタルゲームに挑戦

昔は浮きスッテを電動リールを使って5個程度付けて

イカを釣っていましたが、道具がかさばり手返しが悪いので

イカメタルだと普段つかっいるスロージギングの道具で

道具もかさばらず簡単に釣れると思い、前々からイカメタル

をしてみたいと思いながら、なかなか行き出せませんでした。

今回は、初めて挑戦なので、船長に連絡し情報を収集、

イカメタルの重さは50〜100gでいいでしょうとのこと、

潮の流れと風の向きが逆になると、シーアンカーで流すので

電動リールで80号〜120号で浮きスッテで釣っている人

とお祭りするので注意が必要とのことでした。

普段つかっいるスロージギングの道具で十分だと思いスロー用

のロッド#3とオシアジガー1001にPE1.2号を巻き#4に

PE1.5号と昔使っていたシーバスロッドにスピニングリールに

メバリング用のPE0.3号を準備しました。

スピニングのほうがベイトリールよりフォールスピードが速く

ラインが細いので潮の流れが速く水深が深い時にあまり

流されないと思い3セットを準備、イカメタルは50~100g

のスタンダード赤白と赤グリーンを用意しました。

乗船前日、船長に出航確認をとり乗船する船を聞くと

若潮丸ですとのこと。わかしお丸には、ポラリス、BIG1,

天王丸、荒神丸、(ドルフィン)のはずですが

まさかドルフィンでイカ釣りではと?

よく聞くとつい最近、第二若潮丸(ドルフィン)の船長が、

つい最近若潮丸を就航させたとのことでした。

 

若潮丸は、ポラリスやBIG1が停泊しているところから海の方向を見て

左側にある旧大島渡船場の反対側に停泊しているので最初は、

どこに行ったらいいのか探して回りました。

_DSC1616.jpg

 

18時出港し約1時間、水深60mラインまで走りやっと少し暗くなって

きました。友人はイカメタルの上に浮きスッテを1個付けていました。

D2.jpg

 

太陽が沈み空の色がとてもいい色をしていました

D3.jpg

 

船長が流す位置の船をつけシーアンカーを入れ船を安定させ潮に乗せます

D4.jpg

 

やっと暗闇になり周りのイカ釣り船の漁火が点灯しだしました。

D5.jpg

 

イカメタルゲーム開始です。

D6.jpg

 

もうこのころには周り中が漁火で海面を照らされています

D7.jpg

 

魚探にはベイト反応がびっしりです

D8.jpg

 

ベイト反応はたくさんあるのですがなかなかイカが浮いてこず

メタルスッテ100gで底のほうをシャクッていると乗ってきました。

D9.jpg

この日は、イカが浮いてこず、船長に聞くと上のほうでノッテくるひとも

ありどうもイカが散っているようで、とうとう私も10杯程度で終わって

しまいました。しかし道具立ては簡単で手軽にできそうです。

やはり梅雨の中旬から終わり頃のイカが一番近くによってきって大島沖

30m〜40mラインの浅いところで釣れる時期が一番いいようです。

 

 

 

11:38 | - | -