high land church
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ポラリスでスロージギング

JUGEMテーマ:ルアーフィッシング 釣り ジギング

 

10月31日の予報で対馬付近の風速と天気を調べたところ

 

11月3日久々の凪の上、晴天と天気予報で判ったので、早々に

 

船長に、電話、11月3日の一日ジギングを予約

 

道具はスロージャーカー#4にPE2号リーダーは30Lb

 

#3にPE1.5号リーダーは25Lb, #2にPE1.5号リーダーは20Lb

 

を準備し、リールは、根掛かりがあるので3本のロッドに1台づつ

 

予備に4台の合計7台を準備します。揺れる船でシステムを組むのが

 

苦手で、思い切って勝負できないので、自宅でシステムを組んだものを

 

準備していきます。1日ジギングでは、だいたい水深60m〜100m程度

 

を攻めるのでジグは120g~250gくらいまで準備しますが、メインで使用

 

するのは、130g~180gくらいで180g以上を使うのは、風で船が流される

 

ときや、水深100m近くの時、フォールスピードが速い時にヒットが多い時

 

くらいです。

 

前日に出航確認をして、早々に眠りに。

 

当日は、朝方少し風はありましたが、ポラリスは快調に飛ばして

 

まずは、中間漁礁の少し手前60〜70mのラインへ

 

日の出前に到着

 

D100.jpg

 

D200.jpg

 

D300.jpg

 

 

D400.jpg

 

 

D500.jpg

 

釣っていると段々、朝日が昇ってきました。天気は晴天で絶好の釣日和

 

ワクワクします。

 

 

D600.jpg

 

 

D700.jpg

 

同船した方は、3〜5kg程度のハマチクラスの当たり、船長に聞くと

 

魚探には反応があまりないのに、突然喰いだしてくるとのことで、

 

回遊しているが喰っているとのことでした。

 

D800.jpg

 

沖には、沖ノ島が見えています。

 

D900.jpg

 

ハイピッチジャークで釣っている人には次々に喰ってくるのですが、

 

海底が、砂地のようで根魚狙いのスロージャークには、なかなか

 

喰ってきませんでしたが、船長が次の流しでは、

 

根のあるところを流すので釣れるのではとのこと

 

船長の言う通り、アコウが喰ってきました。

 

D1000.jpg

 

 

D1100.jpg

 

 

D1200.jpg

 

沖ノ島近くでアタリが止まったので、東側の海域へ移動、蓋井島が遠くに

 

見えるところまで移動、魚探にはいい反応がでていました。

 

アコウは、釣っていたのでタカバを狙い探る水深を底から10~30m位を

 

丁寧に探っているとやはり当たってきました。

 

私は、アコウを釣るときは、底から5mくらいまでをフォールで探りますが

 

タカバは、どうも浮いているようで10~30mくらいまで、探ったほうが

 

いいように思います。

 

釣果は御覧の通りでアコウ4本にタカバ1本でした

 

D1300.jpg

 

同船された方に写真を撮らせていただきましたが、メインは3~6kgのハマチ

 

が5〜8本程度釣られていました。結構プリプリとして美味しそうでした。

 

 

D1400.jpg

 

 

 

 

18:49 | - | -